Blog

デヴィ・スカルノ展

2020年4月4日

デヴィさんの傘寿(80歳)の記念展覧会に行って来ました。

若い頃の彼女の美しさは目を見張るものでした。

大工さんだった父親を早くに亡くし、彼女が父親代わりになって必死に働いて母親と弟の生活をみてきたようです。

生まれと育ちは西麻布、赤坂のコパカバーナというクラブで語学や社交術を身に付け大統領夫人に。

外側だけみれば華やかで何不自由無い生活を送ってきたように見られますが、実情は苦労だらけで彼女の並外れたパワーでそれを乗り越え

てきたようです。

展覧会に彼女の言葉がいくつも並べられていましたがどれも心に刺さるものでした。

その中に「私は病気をしたことがありません。病気は余裕のある人が罹るものです。私にはそんな贅沢な時間はありません」という言葉が

ありました。

正にその通りです。

病気をするということは寝ている、仕事ができないという時間を作ることです。

昔は精神病は貴族が罹る贅沢病と言われてました。

今コロナウィルスが騒がれていますが、罹らない人は寝ている暇はない人なのです。

病は気からと言われますが、病気がちな方はご自分を見つめ直してくださいね。

 

 

 

マインドセミナー&スキルアップスクール Viva
〈東京都港区・渋谷区・中央区・品川でマインドセミナー開催〉

集客マインドセミナー開講中

 

 

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です